next up previous contents
: 環境設定 : 前準備 : 解析の流れ  ; 目次


必要なプログラム、ファイル

FRF fileからデータ解析を行ないたい方は、frfread[*]、mkfilter2、temp2gain、 (f2b、f2b2)[*]、が必要です。また、photon event file以降の解析を行なう 標準的なtoolとして、HEAsoft(またはftools+xanadu)、 caldbというパッケージ[*]内にあるBGDやレスポンスが必要となります。 これらのソフトは、以下の場所からとってくることが可能です。 http://www.astro.isas.ac.jp/software/lheasoft/


       HEAsoft、ftools、xanadu
ftp://ftp.astro.isas.ac.jp/asca/
       frfread                           software/frfread.html (ソフトの場所、ヘルプ)
       mkfilter                          software/gsfc/mkfilter2
       temp2gain                         software/isas
       temp2gain calfile                 calibration/gis/data/gis_temp2gain.fits
       f2b/f2b2                          software/ftp/ftools-4
                                           又は      /lheasoft-5 

ftp://legacy.gsfc.nasa.gov/caldb/data/asca/
       gis response file                 gis/cpf/95mar06/gis[2,3]v4_0.rmf
       gis BGD file                      gis/bcf/bgd/94may/*
       sis BGD file                      sis/bcf/bgd/94nov/*
       gis teldef file                   gis/bcf/gis2_ano_on_flf_180295.fits
                                         gis/bcf/gis2_ano_on_pow2_200494.fits
                                         gis/bcf/gis3_phnew_tbl_flf_200494.fits
                                         gis/bcf/gis3_ano_on_pow2_200494.fits
       sis teldef file                   sis/bcf/s[0,1]_teldef_070294.fits
       sis temporal file                 sis/bcf/sisph2pi_110397.fits
caldbで、基本的な解析で使う最低限のファイルは、上に書いたようなファイルですが、ascaのdirectoryにあるデータは、全て持ってきておいた方がいいかもしれません。ただ、他の衛星のデータ(ROSATなど、、、)も含めた全てのファイルを持ってくるには、かなりのdisk容量が必要となります[*][*]

WATANABE Manabu 平成12年8月10日