DARTS Astrophysical Data Search

[ English | Japanese ]


Schema of Tables about AKARI

科学衛星・プロジェクト データプロダクト名、データ概要 DARTS/Astrophysical統合検索システムにおけるテーブル名 登録データ件数 Basic Serarchでの利用可否 SQL/ADQL Serarchでの利用可否 旧システムにおけるテーブル名
AKARI 全天マップ画像
AKARI Far-infrared All-Sky Survey Maps Version 2.1 (Public release version 1).
akari_fis_allskymap_2_1 6,688 akari_fis_allskymap_2_1 on DARTS/AKARI DAS
AKARI 点源カタログ
AKARI FIS All-Sky Survey Bright Source Catalogue Version 1.0
akari_fis_bsc_1 427,071 akari_fis_bsc_1 on DARTS/AKARI CAS
AKARI 点源カタログ
AKARI IRC All-Sky Survey Point Source Catalogue Version 1.0
akari_irc_psc_1 870,973 akari_irc_psc_1 on DARTS/AKARI CAS
AKARI ポインティング観測の生データの配布パッケージに関する情報
AKARI Pointed Observation Raw Data Version 1 (Phase 1&2) and Version 2 (Phase 3)
akari_pointed_rawdata_package_info 24,436 PKGINFO

akari_fis_allskymap_2_1

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 Basic Searchにおける出力 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 data_file_id integer 画像データファイルのID digest / full fits_id INTEGER
2 reference_coordinate_lon double precision 参照点の座標 / データ項目 coordinate_system における経度 full crval1 DOUBLE
3 reference_coordinate_lat double precision 参照点の座標 / データ項目 coordinate_system における緯度 full crval2 DOUBLE
4 coordinate_system character varying(8) 参照点の座標の基準とした座標系 full
5 reference_pixel_x double precision 参照点のピクセル x 座標 full crpix1 DOUBLE
6 reference_pixel_y double precision 参照点のピクセル y 座標 full crpix2 DOUBLE
7 center_ra double precision degree 画像の中心座標 / 2000年分点の赤経 digest (*) / full ra DOUBLE degree
8 center_dec double precision degree 画像の中心座標 / 2000年分点の赤緯 dec DOUBLE degree
9 center_ra_b1950 double precision degree 画像の中心座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
ra1950 DOUBLE degree
10 center_dec_b1950 double precision degree 画像の中心座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
dec1950 DOUBLE degree
11 center_ecliptic_lon double precision degree 画像の中心座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
lambda DOUBLE degree
12 center_ecliptic_lat double precision degree 画像の中心座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
beta DOUBLE degree
13 center_galactic_lon double precision degree 画像の中心座標 / 銀経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
lon DOUBLE degree
14 center_galactic_lat double precision degree 画像の中心座標 / 銀緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
lat DOUBLE degree
15 center_coordinate_x double precision 画像の中心座標 / x 座標 full cx DOUBLE
16 center_coordinate_y double precision 画像の中心座標 / y 座標 full cy DOUBLE
17 center_coordinate_z double precision 画像の中心座標 / z 座標 full cz DOUBLE
18 band_name character varying(8) 観測波長 digest / full band VARCHAR(8)
19 pixel_counts_x integer 画像の横方向の画素数 full naxis1 INTEGER
20 pixel_counts_y integer 画像の縦方向の画素数 full naxis2 INTEGER
21 rotation_1_1 double precision 参照点付近におけるピクセル対極座標の回転係数 full cd1_1 DOUBLE
22 rotation_1_2 double precision 参照点付近におけるピクセル対極座標の回転係数 full cd1_2 DOUBLE
23 rotation_2_1 double precision 参照点付近におけるピクセル対極座標の回転係数 full cd2_1 DOUBLE
24 rotation_2_2 double precision 参照点付近におけるピクセル対極座標の回転係数 full cd2_2 DOUBLE
25 data_file_create_time character varying(64) UTC 画像データファイル作成日時 full create_date VARCHAR(64) UTC
26 data_access_url character varying(255) 画像データファイルへアクセスできる URL digest / full fits_name VARCHAR(64)
27 corner1_ra double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 2000年分点の赤経 full
28 corner1_dec double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 2000年分点の赤緯 full
29 corner2_ra double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 2000年分点の赤経 full
30 corner2_dec double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 2000年分点の赤緯 full
31 corner3_ra double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 2000年分点の赤経 full
32 corner3_dec double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 2000年分点の赤緯 full
33 corner4_ra double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 2000年分点の赤経 full
34 corner4_dec double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 2000年分点の赤緯 full
35 corner1_ra_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 1950年分点の赤経 full
36 corner1_dec_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 1950年分点の赤緯 full
37 corner2_ra_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 1950年分点の赤経 full
38 corner2_dec_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 1950年分点の赤緯 full
39 corner3_ra_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 1950年分点の赤経 full
40 corner3_dec_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 1950年分点の赤緯 full
41 corner4_ra_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 1950年分点の赤経 full
42 corner4_dec_b1950 double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 1950年分点の赤緯 full
43 corner1_ecliptic_lon double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 黄経 full
44 corner1_ecliptic_lat double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 黄緯 full
45 corner2_ecliptic_lon double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 黄経 full
46 corner2_ecliptic_lat double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 黄緯 full
47 corner3_ecliptic_lon double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 黄経 full
48 corner3_ecliptic_lat double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 黄緯 full
49 corner4_ecliptic_lon double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 黄経 full
50 corner4_ecliptic_lat double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 黄緯 full
51 corner1_galactic_lon double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 銀経 full
52 corner1_galactic_lat double precision degree 画像領域の頂点 1 の座標 / 銀緯 full
53 corner2_galactic_lon double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 銀経 full
54 corner2_galactic_lat double precision degree 画像領域の頂点 2 の座標 / 銀緯 full
55 corner3_galactic_lon double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 銀経 full
56 corner3_galactic_lat double precision degree 画像領域の頂点 3 の座標 / 銀緯 full
57 corner4_galactic_lon double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 銀経 full
58 corner4_galactic_lat double precision degree 画像領域の頂点 4 の座標 / 銀緯 full

このページの先頭へ ⏏

akari_fis_bsc_1

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 Basic Searchにおける出力 on DARTS/AKARI CAS
旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 object_id integer DARTS が付与した天体ID
VVxxxxxx という形式で、 先頭の VV はカタログの種別、 続く数字は行番号を表す。
digest / full objID INT4
2 object_name character varying(14) 天体名
01h23m45.6s, +76d54m32s に位置する天体の場合、「AKARI-FIS-V1 J0123456+765432」と表記される。
digest / full objName CHAR(14)
3 object_ra double precision deg 天体の座標 / 2000年分点の赤経 digest (*) / full ra FLOAT8 deg
4 object_dec double precision deg 天体の座標 / 2000年分点の赤緯 dec FLOAT8 deg
5 object_ra_b1950 double precision deg 天体の座標 / 1950年分点の赤経 ra1950 FLOAT8 deg
6 object_dec_b1950 double precision deg 天体の座標 / 1950年分点の赤緯度 dec1950 FLOAT8 deg
7 object_ecliptic_lon double precision deg 天体の座標 / 黄経 lambda FLOAT8 deg
8 object_ecliptic_lat double precision deg 天体の座標 / 黄緯 beta FLOAT8 deg
9 object_galactic_lon double precision deg 天体の座標 / 銀経 l FLOAT8 deg
10 object_galactic_lat double precision deg 天体の座標 / 銀緯 b FLOAT8 deg
11 object_coordinate_x double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの x 軸成分 full cx FLOAT8
12 object_coordinate_y double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの y 軸成分 full cy FLOAT8
13 object_coordinate_z double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの z 軸成分 full cz FLOAT8
14 position_err_with_major_axis double precision arcsec 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の長径
現在のバージョンでは全ての天体で 6.0 秒角の値を与えている。
参照:Section 5.5 Release Note
full posErrMj FLOAT4 arcsec
15 position_err_with_minor_axis double precision arcsec 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の短径
現在のバージョンでは全ての天体で 6.0 秒角の値を与えている。
参照:Section 5.5 Release Note
full posErrMi FLOAT4 arcsec
16 position_err_with_roll_angle double precision deg 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の回転角
現在のバージョンでは全ての天体で 0 度の値を与えている。
参照:Section 5.5 Release Note
full posErrPA FLOAT4 deg
17 flux_density_65 double precision Jy 天体のフラックス値 / 65μm域
フラックスが求まらなかった場合は NULL となっている。
digest / full flux_65 FLOAT4 Jy
18 flux_density_90 double precision Jy 天体のフラックス値 / 90μm域
フラックスが求まらなかった場合は NULL となっている。
digest / full flux_90 FLOAT4 Jy
19 flux_density_140 double precision Jy 天体のフラックス値 / 140μm域
フラックスが求まらなかった場合は NULL となっている。
digest / full flux_140 FLOAT4 Jy
20 flux_density_160 double precision Jy 天体のフラックス値 / 160μm域
フラックスが求まらなかった場合は NULL となっている。
digest / full flux_160 FLOAT4 Jy
21 flux_err_65 double precision Jy 天体のフラックスの誤差(標準誤差) / 65μm域
標準誤差が求まらなかった場合は NULL となっている。
参照:Section 5.3 Release Note
full fErr_65 FLOAT4 Jy
22 flux_err_90 double precision Jy 天体のフラックスの誤差(標準誤差) / 90μm域
標準誤差が求まらなかった場合は NULL となっている。
参照:Section 5.3 Release Note
full fErr_90 FLOAT4 Jy
23 flux_err_140 double precision Jy 天体のフラックスの誤差(標準誤差) / 140μm域
標準誤差が求まらなかった場合は NULL となっている。
参照:Section 5.3 Release Note
full fErr_140 FLOAT4 Jy
24 flux_err_160 double precision Jy 天体のフラックスの誤差(標準誤差) / 160μm域
標準誤差が求まらなかった場合は NULL となっている。
参照:Section 5.3 Release Note
full fErr_160 FLOAT4 Jy
25 flux_quality_65 smallint 天体のフラックス値の質 / 65μm域
3:  天体が確認されており、フラックスも求められている
2:  天体が確認されているが、フラックスが求まっていない (see flags_65)
1:  天体が確認されていない
0:  観測データが無い
full fQual_65 INT2
26 flux_quality_90 smallint 天体のフラックス値の質 / 90μm域
3:  天体が確認されており、フラックスも求められている
2:  天体が確認されているが、フラックスが求まっていない (see flags_90)
1:  天体が確認されていない
0:  観測データが無い
full fQual_90 INT2
27 flux_quality_140 smallint 天体のフラックス値の質 / 140μm域
3:  天体が確認されており、フラックスも求められている
2:  天体が確認されているが、フラックスが求まっていない (see flags_140)
1:  天体が確認されていない
0:  観測データが無い
full fQual_140 INT2
28 flux_quality_160 smallint 天体のフラックス値の質 / 160μm域
3:  天体が確認されており、フラックスも求められている
2:  天体が確認されているが、フラックスが求まっていない (see flags_160)
1:  天体が確認されていない
0:  観測データが無い
full fQual_160 INT2
29 data_condition_flags_65 smallint 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 65μm域
see, Section 7.7 Release Note
                                   USB ------------- bit ----- LSB
                                       ... 7  6  5  4  3  2  1  0
                                   decimal |  |  |  |  |  |  |  |
   reserved ------------------------- 128 -+  |  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 64 ----+  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 32 -------+  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 16 ----------+  |  |  |  |
   1: possibly `side-lobe' detection--- 8 -------------+  |  |  |
   not used --------------------------- 4 ----------------+  |  |
   1: Flux too low--------------------- 2 -------------------+  |
   0: Normal mode, 1: CDS mode -------- 1 ----------------------+
   
full flags_65 INT2
30 data_condition_flags_90 smallint 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 90μm域
see, Section 7.7 Release Note
                                   USB ------------- bit ----- LSB
                                       ... 7  6  5  4  3  2  1  0
                                   decimal |  |  |  |  |  |  |  |
   reserved ------------------------- 128 -+  |  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 64 ----+  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 32 -------+  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 16 ----------+  |  |  |  |
   1: possibly `side-lobe' detection--- 8 -------------+  |  |  |
   not used --------------------------- 4 ----------------+  |  |
   1: Flux too low--------------------- 2 -------------------+  |
   0: Normal mode, 1: CDS mode -------- 1 ----------------------+
   
full flags_90 INT2
31 data_condition_flags_140 smallint 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 140μm域
see, Section 7.7 Release Note
                                   USB ------------- bit ----- LSB
                                       ... 7  6  5  4  3  2  1  0
                                   decimal |  |  |  |  |  |  |  |
   reserved ------------------------- 128 -+  |  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 64 ----+  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 32 -------+  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 16 ----------+  |  |  |  |
   1: possibly `side-lobe' detection--- 8 -------------+  |  |  |
   not used --------------------------- 4 ----------------+  |  |
   1: Flux too low--------------------- 2 -------------------+  |
   0: Normal mode, 1: CDS mode -------- 1 ----------------------+
   
full flags_140 INT2
32 data_condition_flags_160 smallint 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 160μm域
see, Section 7.7 Release Note
                                   USB ------------- bit ----- LSB
                                       ... 7  6  5  4  3  2  1  0
                                   decimal |  |  |  |  |  |  |  |
   reserved ------------------------- 128 -+  |  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 64 ----+  |  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 32 -------+  |  |  |  |  |
   reserved -------------------------- 16 ----------+  |  |  |  |
   1: possibly `side-lobe' detection--- 8 -------------+  |  |  |
   not used --------------------------- 4 ----------------+  |  |
   1: Flux too low--------------------- 2 -------------------+  |
   0: Normal mode, 1: CDS mode -------- 1 ----------------------+
   
full flags_160 INT2
33 scan_quantity_with_evidence_65 smallint 天体を検出するまでの観測数 / 65μm域 full nScanC_65 INT2
34 scan_quantity_with_evidence_90 smallint 天体を検出するまでの観測数 /90μm域 full nScanC_90 INT2
35 scan_quantity_with_evidence_140 smallint 天体を検出するまでの観測数 / 140μm域 full nScanC_140 INT2
36 scan_quantity_with_evidence_160 smallint 天体を検出するまでの観測数 / 160μm域 full nScanC_160 INT2
37 scan_total_quantity_65 smallint 観測の総数 / 65μm域 full nScanP_65 INT2
38 scan_total_quantity_90 smallint 観測の総数 / 90μm域 full nScanP_90 INT2
39 scan_total_quantity_140 smallint 観測の総数 / 140μm域 full nScanP_140 INT2
40 scan_total_quantity_160 smallint 観測の総数 / 160μm域 full nScanP_160 INT2
41 month_confirmation_flag_65 smallint 観測間隔の確認フラグ / 65μm域
その天体の観測において 1 ヶ月以上間隔が開いている場合は 1、 fQual_65 = 0 の場合は NULL
full mConf_65 INT2
42 month_confirmation_flag_90 smallint 観測間隔の確認フラグ / 90μm域
その天体の観測において 1 ヶ月以上間隔が開いている場合は 1、 fQual_90 = 0 の場合は NULL
full mConf_90 INT2
43 month_confirmation_flag_140 smallint 観測間隔の確認フラグ / 140μm域
その天体の観測において 1 ヶ月以上間隔が開いている場合は 1、 fQual_140 = 0 の場合は NULL
full mConf_140 INT2
44 month_confirmation_flag_160 smallint 観測間隔の確認フラグ / 160μm域
その天体の観測において 1 ヶ月以上間隔が開いている場合は 1、 fQual_160 = 0 の場合は NULL
full mConf_160 INT2
45 object_quantity_in5arcmin smallint その天体から 5 分角以内に位置するカタログ内の天体数
この値はその天体のいる領域の込み具合の指標となる。
full nDens INT2
46 data_access_url character varying(255) データファイルにアクセスできる URL digest / full

このページの先頭へ ⏏

akari_irc_psc_1

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 Basic Searchにおける出力 on DARTS/AKARI CAS
旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 object_id integer DARTS が付与した天体ID
VVxxxxxx という形式で、 先頭の VV はカタログの種別、 続く数字は行番号を表す。
digest / full objID INT4
2 object_name character varying(14) 天体名
01h23m45.6s, +76d54m32s に位置する天体の場合、「AKARI-IRC-V1 J0123456+765432」と表記される。
digest / full objName CHAR(14)
3 object_ra double precision deg 天体の座標 / 2000年分点の赤経 digest (*) / full ra FLOAT8 deg
4 object_dec double precision deg 天体の座標 / 2000年分点の赤緯 dec FLOAT8 deg
object_ra_b1950 double precision deg 天体の座標 / 1950年分点の赤経 ra1950 FLOAT8 deg
6 object_dec_b1950 double precision deg 天体の座標 / 1950年分点の赤緯度 dec1950 FLOAT8 deg
7 object_ecliptic_longitude double precision deg 天体の座標 / 黄経 lambda FLOAT8 deg
8 object_ecliptic_latitude double precision deg 天体の座標 / 黄緯 beta FLOAT8 deg
9 object_galactic_longitude double precision deg 天体の座標 / 銀経 l FLOAT8 deg
10 object_galactic_latitude double precision deg 天体の座標 / 銀緯 b FLOAT8 deg
11 object_coordinate_x double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの x 軸成分 full cx FLOAT8
12 object_coordinate_y double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの y 軸成分 full cy FLOAT8
13 object_coordinate_z double precision 天体の赤経、赤緯を方向を示す方向ベクトルの z 軸成分 full cz FLOAT8
14 position_err_with_major_axis double precision arcsec 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の長径 full posErrMj double precision arcsec
15 position_err_with_minor_axis double precision arcsec 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の短径 full posErrMi FLOAT4 arcsec
16 position_err_with_roll_angle double precision deg 天体位置の 1σ 誤差 / 楕円の回転角 full posErrPA FLOAT4 deg
17 flux_density_09 double precision Jy 天体のフラックス値 / 9μm域 digest / full flux_09 FLOAT4 Jy
18 flux_density_18 double precision Jy 天体のフラックス値 / 18μm域 digest / full flux_18 FLOAT4 Jy
19 flux_err_09 double precision Jy 天体のフラックスの誤差 / 9μm域 full fErr_09 FLOAT4 Jy
20 flux_err_18 double precision Jy 天体のフラックスの誤差 / 18μm域 full fErr_18 FLOAT4 Jy
21 flux_quality_09 INT2 天体のフラックスの質 / 9μm域
3 が妥当。0 はフラックス未取得を意味する。
full fQual_09 INT2
22 flux_quality_18 INT2 天体のフラックスの質 / 18μm域
3 が妥当。0 はフラックス未取得を意味する。
full fQual_18 INT2
23 data_condition_flags_09 INT2 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 9μm域
1(LSB): not month confirmed:
This means that the period between the first detection and the last detection is shorter than a month.
2: saturated (not used in this version)
4: use SAA (not used in this version)
8(MSB): use edge events:
If the number of events is too small, we use the event data near the edge of the image strip. In this case, this flag warn you of underestimation of the flux.
full flags_09 INT2
24 data_condition_flags_18 INT2 天体のフラックス値の質を示すフラグ / 18μm域
1(LSB): not month confirmed:
This means that the period between the first detection and the last detection is shorter than a month.
2: saturated (not used in this version)
4: use SAA (not used in this version)
8(MSB): use edge events:
If the number of events is too small, we use the event data near the edge of the image strip. In this case, this flag warn you of underestimation of the flux.
full flags_18 INT2
25 scan_quantity_with_evidence_09 smallint 天体を検出するまでの観測数 / 9μm域 full nScanC_09 INT2
26 scan_quantity_with_evidence_18 smallint 天体を検出するまでの観測数 / 18μm域 full nScanC_18 INT2
27 scan_total_quantity_09 smallint 観測の総数 / 9μm域 full nScanP_09 INT2
28 scan_total_quantity_18 smallint 観測の総数 / 18μm域 full nScanP_18 INT2
29 month_confirmation_flag_09 smallint 観測の間隔の確認フラグ / 9μm域
full mConf_09 INT2
30 month_confirmation_flag_18 smallint 観測の間隔の確認フラグ / 18μm域
full mConf_18 INT2
31 object_quantity_in45arcsec_09 smallint その天体から 45 秒角以内に位置するカタログ内の天体数
full nDens_09 INT2
32 object_quantity_in45arcsec_18 smallint その天体から 45 秒角以内に位置するカタログ内の天体数
full nDens_18 INT2
33 extended_flag_09 smallint その天体が拡がっているか(点源ではなく拡散天体であるか否か)を示すフラグ / 9μm域
full extended_09 INT2
34 extended_flag_18 smallint その天体が拡がっているか(点源ではなく拡散天体であるか否か)を示すフラグ / 18μm域
full extended_18 INT2
35 position_err_average_radius_09 double precision 天体の位置誤差の平均半径 / 9μm域
位置誤差の超半径+短半径の平均値。この値は、天体が拡がっているかどうかを判断する基準となる。
full meanAB_09 FLOAT4
36 position_err_average_radius_18 double precision 天体の位置誤差の平均半径 / 18μm域
位置誤差の超半径+短半径の平均値。この値は、天体が拡がっているかどうかを判断する基準となる。
full meanAB_18 FLOAT4
37 observation_counts_for_decide_position smallint 天体位置を決める際に使用した観測でー多数
9μm域のデータが 2 つ以上ある場合は 9μm域のデータ数が記録される。 9μm域のデータが 1 つ以下であれば 18μm域のデータ数が記録される。
full nDataPos INT2
38 observation_counts_for_measurement_flax_09 smallint 天体フラックスの測定に使用した観測数 / 9μm域
full nData_09 INT2
39 observation_counts_for_measurement_flax_18 smallint 天体フラックスの測定に使用した観測数 / 18μm域
full nData_18 INT2
40 data_access_url character varying(255) データファイルにアクセスできる URL digest / full

このページの先頭へ ⏏

akari_pointed_rawdata_package_info

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 Basic Searchにおける出力 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 observation_start_time timestamp without timezone UTC Start Time of the Observation in UTC. digest / full DATE date UTC
TIME time
2 observation_start_time_mjd double precision MJD Start Time of the Observation in MJD. 出力なし
3 observation_end_time timestamp without timezone UTC End Time of the Observation in UTC.
This data file was integrated multiple observations and it is difficult to clearly indicate observation end time. Therefore, the same time as the observation_start_time is registered in this data item.
digest / full UTC
4 observation_end_time_mjd double precision MJD End Time of the Observation in MJD.
This data file was integrated multiple observations and it is difficult to clearly indicate observation end time. Therefore, the same time as the observation_start_time_mjd is registered in this data item.
出力なし
5 observation_id character varying(11) The sequence number of the observation. 'observation_id' = 'target_id' + '-' + 'observation_count_of_each_target'(Add 0 to the head and align 3 digits) digest / full OBSID varchar(11)
6 target_name character varying(63) Object name digest / full OBJECT varchar(63)
7 pi_name character varying(35) PI Name (Observer's ID) full OBSERVER varchar(35)
8 proposal_id character varying(7) Proposal ID full PROPOSAL varchar(7)
9 object_ra double precision degree Target position, Right Ascenstion J2000. digest (*) / full OBJ_RA double degree
10 object_dec double precision degree Target position, Declinatoion J2000. OBJ_DEC double degree
11 object_ra_b1950 double precision degree Target position, Right Ascenstion B1950. Calculated from (object_ra, object_dec)
12 object_dec_b1950 double precision degree Target position, Declinatoion B1950. Calculated from (object_ra, object_dec)
13 object_galactic_lon double precision degree Target position, Galactic Longitude. Calculated from (object_ra, object_dec) OBJ_LII double degree
14 object_galactic_lat double precision degree Target position, Galactic Latitude. Calculated from (object_ra, object_dec) OBJ_BII double degree
15 object_ecliptic_lon double precision degree Target position, Ecliptic Longitude. Calculated from (object_ra, object_dec) OBJ_ECL_LONG double degree
16 object_ecliptic_lat double precision degree Target position, Ecriptic Latitude. Calculated from (object_ra, object_dec) OBJ_ECL_LATI double degree
17 aot_name character varying(11) Astronomical Observation Template digest / full AOT varchar(11)
18 aot_param character varying(15) AOT Parameters. Multiple parameters are connected with ';'. full AOTPARAM varchar(15)
19 aot_type character varying(15) AOT Type [ ENGINEERING, NORMAL, or SPECIAL ] full AOT_TYPE varchar(15)
20 observation_status character varying(31) Observation Status [ CRYO trouble, Data lost, IRC Det off, Observed, PV2, SH, or STT WDT error ] digest / full STATUS varchar(31)
21 observation_mode character varying(11) Observation Mode [ MAIN or PARALLEL ] full OBS_MODE varchar(11)
22 target_id bigint Target ID. 'observation_id' = 'target_id' + '-' + 'observation_count_of_each_target'(Add 0 to the head and align 3 digits) full TARGETID int(11)
23 observation_count_of_each_target bigint Ordinal number at observations for the same target. 'observation_id' = 'target_id' + '-' + 'observation_count_of_each_target'(Add 0 to the head and align 3 digits) full SUBID int(11)
24 pointing_id bigint Pointing ID full PNTNG_ID int(11)
25 remark_id character varying(31) Related remark IDs. [ 1, 2, 3, ..., 7, or combination of those connected with '/' ] full REMIDS varchar(31)
26 remark_title character varying(255) Remark Name full REMNAMES varchar(255)
27 public_date timestamp without timezone UTC Public Date full PUBLIC_DATE date UTC
28 public_date_mjd double precision MJD 出力なし
29 data_file_create_time timestamp without timezone UTC Data package created time full PKGMTIME datetime UTC
30 data_file_size bigint MB Package File Size full PKGFSIZE int(11) Byte
31 data_access_url character varying(63) URL used to access dataset digest / full PKGPATH varchar(63)

このページの先頭へ ⏏

Last Modified: 01 February 2019