DARTS Astrophysical Data Search

[ English | Japanese ]


科学衛星「はるか」データプロダクトのテーブル構成

科学衛星・プロジェクト データプロダクト名、データ概要 DARTS/Astrophysical統合検索システムにおけるテーブル名 登録データ件数 Basic Serarchでの利用可否 SQL/ADQL Serarchでの利用可否
HITOMI 「ひとみ」の観測情報およびデータへのパス。 hitomi_master_data_1 42
HITOMI 「ひとみ」の観測機器 SXSの視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。 hitomi_sxs_data_1 42
HITOMI 「ひとみ」の観測機器 SXI観測の視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。 hitomi_sxi_data_1 28
HITOMI 「ひとみ」の観測機器 HXIの視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。 hitomi_hxi_data_1 40

hitomi_master_data_1

観測とキャリブレーションについてまとめた情報。

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. カラム名 データ型 単位 説明 Output NASA's HITOMASTER カラム名 NASA's HITOMASTER データ型 NASA's HITOMASTER 単位
1 observation_id character varying(11) 一意な観測番号/シーケンスナンバー。9桁の数字 digest / full OBSID char11
2 target_name character varying(50) 観測ターゲットの名称 digest / full NAME char50
3 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
digest (*) / full RA float8.5f degree
4 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
DEC float8.5f degree
5 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
6 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
7 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
8 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
9 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
LII float8.5f degree
10 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
BII float8.5f degree
11 roll_angle double precision degree ロール角 digest / full ROLL_ANGLE float8.5f degree
12 observation_start_time_mjd numeric MJD 観測開始日時(MDJ) TIME float8.9f mjd
13 observation_start_time timestamp without time zone UTC 観測開始日時(UTC) digest / full utc
14 observation_end_time_mjd numeric MJD 観測終了日時(MDJ) STOP_TIME float8.9f mjd
15 observation_end_time timestamp without time zone UTC 観測終了日時(UTC) digest / full utc
16 exposure double precision ks 全有効観測時間 (秒)。SXSのcleanrd event fileから算出 digest / full EXPOSURE float8.5f s
17 sxi_1st_mode_exposure double precision SXI WINDOW1(normal full window)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO float8.5f s
18 sxi_2nd_mode_exposure double precision SXI WINDOW1 BURST2(full window 0.1 sec burst)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1BURST2モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO2 float8.5f s
19 hxi1_exposure double precision ks HXI1の有効天体観測時間 (秒)
HXI1 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI1_EXPO float8.5f s
20 hxi2_exposure double precision ks HXI2の有効天体観測時間 (秒)
HXI2 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI2_EXPO float8.5f s
21 sgd1_exposure double precision ks SGD1の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD1_EXPO float8.5f s
22 sgd2_exposure double precision ks SGD2の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD2_EXPO float8.5f s
23 is_sxs_on character varying(1) SXS がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXSIFONFOV char1
24 is_sxs_fovin character varying(1) 天体がSXSの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
25 is_sxi_on character varying(1) SXI がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXIIFONFOV char1
26 is_sxi_fovin character varying(1) 天体がSXIの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
27 is_hxi1_on character varying(1) HXI1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI1IFONFOV char1
28 is_hxi1_fovin character varying(1) 天体がHXI1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
29 is_hxi2_on character varying(1) HXI2 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI2IFONFOV char1
30 is_hxi2_fovin character varying(1) 天体がHXI2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
31 is_sgd1_on character varying(1) SGD1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD1IFONFOV char1
32 is_sgd1_fovin character varying(1) 天体がSGD1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
33 is_sgd2_on character varying(1) SGD2 がONかどうか。[Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD2IFONFOV char1
34 is_sgd2_fovin character varying(1) 天体がSGD2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
35 sxs_datamode character varying(10) SXSのデータモード。
PX_MIDRES, PX_BASELINE, PX_NORMAL が用意されていたようであるが、値は全てPX_NORMAL
full SXS_DATAMODE char10
36 is_sxs_adr_cycle character varying(1) 観測中にSXSの断熱消磁冷凍機(ADR)サイクルが起きたか [Y または N] full SXS_ADR char1
37 is_sxs_filter_fe55 character varying(1) SXSが鉄55放射線源フィルターを用いたか [Y または N] full SXS_FIL_FE55 char1
38 is_sxs_filter_open character varying(1) SXSがオープン(フィルターなし)を用いたか [Y または N] full SXS_FIL_OPEN char1
39 sxs_threshould_setting_code character varying(5) SXSのしきい値設定のコード [A75A または A120A] full SXS_THR char5
40 sxi_1st_datamode character varying(15) SXIファーストデータモード。WINDOW1のみ full SXI_DATAMODE1 char15
41 sxi_1st_dataclass_threshold character varying(64) SXIファーストデータモードのデータクラス/しきい値。
AAAAAAAA-BBBB a BBBB [h]で表される。
<AAAAAAAA部>
1桁目:常に1
2桁目:使われていたCCD [0=全て, 1=CCD1とCCD2, 2=CCD2とCCD3]
3桁目:データモード [0=window1(full mode), 1=window2(1/8 window), 2=window1burst(full + burst), 3=window2burst(1/8 + burst)]
4-7桁目:データクラス
8桁目:area discriminatorのon/off [0=off, 1=on]
<BBBB部>
イベントしきい値。aim pointが他のCCDセグメントと比較して異なるthresholdを有する場合は a BBBBとなる。[h]:CCDの半分がオン。
full SXI_DCLASS1_THR char64
42 sxi_2nd_datamode character varying(15) SXIセカンドデータモード。WINDOW1 BURST2のみ full SXI_DATAMODE2 char15
43 sxi_2nd_dataclass_threshold character varying(72) SXIセカンドデータモードのデータクラス/しきい値。
AAAAAAAA-BBBB a BBBB [h]で表される。
<AAAAAAAA部>
1桁目:常に1
2桁目:使われていたCCD [0=全て, 1=CCD1とCCD2, 2=CCD2とCCD3]
3桁目:データモード [0=window1(full mode), 1=window2(1/8 window), 2=window1burst(full + burst), 3=window2burst(1/8 + burst)]
4-7桁目:データクラス
8桁目:area discriminatorのon/off [0=off, 1=on]
<BBBB部>
イベントしきい値。aim pointが他のCCDセグメントと比較して異なるthresholdを有する場合は a BBBBとなる。[h]:CCDの半分がオン。
full SXI_DCLASS2_THR char72
44 hxi1_datamode character varying(15) HXI1データモード。
CAMERA_NORMAL1, CAMERA_NORMAL2, STANDBYの3種類
full HXI1_DATAMODE char15
45 hxi2_datamode character varying(15) HXI2データモード。
CAMERA_NORMAL1, CAMERA_NORMAL2, STANDBYの3種類
full HXI2_DATAMODE char15
46 sgd1_datamode character varying(15) SGD1データモード。CC_NORMAL1, STANDBYの2種類 full SGD1_DATAMODE char10
47 sgd2_datamode character varying(15) SGD2データモード。CC_NORMAL1, STANDBYの2種類 full SGD2_DATAMODE char10
48 sgd1_cc1_exposure double precision SGD1/CC1の有効観測時間 digest / full SGD1_EXP_CC1 float8.5f s
49 sgd1_cc2_exposure double precision ks SGD1/CC2の有効観測時間 digest / full SGD1_EXP_CC2 float8.5f s
50 sgd1_cc3_exposure double precision ks SGD1/CC3の有効観測時間 digest / full SGD1_EXP_CC3 float8.5f s
51 sgd2_cc1_exposure double precision ks SGD2/CC1の有効観測時間 digest / full SGD2_EXP_CC1 float8.5f s
52 sgd2_cc2_exposure double precision ks SGD2/CC2の有効観測時間 digest / full SGD2_EXP_CC2 float8.5f s
53 sgd2_cc3_exposure double precision ks SGD2/CC3の有効観測時間 digest / full SGD2_EXP_CC3 float8.5f s
54 hxi_code character varying(5) HXIデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:HXIサイエンスデータの有無 [1=HXI1のみ、2=HXI2のみ、3=HXI1,2両方]
B:CAMSデータの有無 [1=CAMS1のみ、2=CAMS2のみ、3=CAMS1,2両方、4=シミュレーションデータ]
C:HXI HKデータの有無 [1=HXI1のみ、2はHXI2のみ、3はHXI1,2両方]
D,E:使われていない。値は0。
full HXICODE char5
55 sgd_code character varying(5) SGDデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:SGD1サイエンスデータの有無 [1=CC1のみ、2=CC2のみ、3=CC3のみ、4=全てのCC、5=はCC1とCC2、6=はCC1とCC3、7=CC2とCC3]
B:SGD2サイエンスデータの有無。意味はAのSGD1と同様。
C:SGD HKデータの有無 [1=SGD1のみ、2=SGD2のみ、3=SGD1,2両方]
D,E:使われていない。値は0。
full SGDCODE char5
56 sxi_code character varying(5) SXIデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)で表される。
A:SXIサイエンスデータの有無
B:exposureの有無
C:SXI HKデータの有無
D:ホットピクセルテーブルの有無
E:使われていない。値は0。
full SXICODE char5
57 sxs_code character varying(5) SXSデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)。
A:SXSサイエンスデータの有無 [1=SXS pixel dataのみ、2=SXS antico dataのみ、3=pixel, antico両方]
B:SXS lost GTIsの有無。
C:SXI HKデータの有無 [1=SXS HK1のみ、2=SXS HK2のみ、3=HK1, 2両方]
D:pixel arrayに関する診断データの有無 [1=noise data、2=pulse data、3=wfrb、4=全て、5=noiseとwfrb、6=noiseとpulse、7=wfrbとpulse]
E:antico arrayに関する診断データの有無 [1=noise data、2=wfrb、3=両方]
full SXSCODE char5
58 gen_code character varying(5) 補助データの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:高度データの有無
B:軌道データの有無
C:HKデータの有無 [1=HK1のみ、2=HK2のみ、3=両方]
D:時刻ファイルの有無
E:使われていない。値は0。
full GENCODE char5
59 processing_end_time_mjd numeric MJD データ処理された日付(MJD) PROCESSING_DATE float8.4f mjd
60 processing_end_time timestamp without time zone UTC データ処理された日付(UTC) digest / full utc
61 public_date_mjd numeric MJD 一般公開された日付(MJD) PUBLIC_DATE int4 mjd
62 public_date timestamp without time zone UTC 一般公開された日付(UTC) full utc
63 distribute_start_date_mjd numeric MJD 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(MJD) DISTRIBUTION_DATE float8.4f mjd
64 distribute_start_date timestamp without time zone UTC 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(UTC) full utc
65 processing_version character varying(15) データ処理スクリプトのバージョン full PROCESSING_VERSION char15
66 caldb_version character varying(60) パイプラインプロセスで使用したCALDBのバージョン。バージョンはgenYYYYMMDD_hxiYYYMMDD_sgdYYYMMDD_sxiYYYYMMDD_sxsYYYYMMDDでエンコードされている。日付はCALDBインデックスが作成された日時に対応している。 full CALDB_VERSION char60
67 processing_software character varying(45) パイプラインで用いたソフトウェアのバージョン full SOFTWARE_VERSION char45
68 proposal_abstract character varying(102) 観測目的 full ABSTRACT char102
69 proposal_category character varying(20) 観測カテゴリー。以下に分類される:
[ポインティング観測でない; キャリブレーション; 銀河系点源; 銀河系拡散放射; 系外コンパクト天体; 系外拡散放射; ガンマ線バースト、突発天体]
full SUBJECT_CATEGORY char20
70 proposal_category_code smallint 観測カテゴリーコード。
[0=ポインティング観測でない; 1=キャリブレーション; 4=銀河系点源; 5=銀河系拡散放射; 7=系外コンパクト天体; 8=系外拡散放射; 9=ガンマ線バースト、突発天体]
full CATEGORY_CODE int2
71 pi_name character varying(20) 観測提案代表者の名前 digest / full PI_LNAME char30
PI_FNAME char30
72 proposal_affiliated_country character varying(5) 観測提案代表者の国または協同体 full COUNTRY char5
73 proposal_title character varying(61) 観測提案のタイトル full TITLE char61
74 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできるURL digest / full

このページの先頭へ ⏏

hitomi_sxs_data_1

SXSの視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. カラム名 データ型 単位 説明 Output NASA's HITOMASTER カラム名 NASA's HITOMASTER データ型 NASA's HITOMASTER 単位
1 observation_id character varying(11) 一意な観測番号/シーケンスナンバー。9桁の数字 digest / full OBSID char11
2 detector_name character varying(5) 観測機器の名称 digest / full
3 target_name character varying(50) 観測ターゲットの名称 digest / full NAME char50
4 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
digest (*) / full RA float8.5f degree
5 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
DEC float8.5f degree
6 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
7 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
8 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
9 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
10 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
LII float8.5f degree
11 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
BII float8.5f degree
12 roll_angle double precision degree ロール角 digest / full ROLL_ANGLE float8.5f degree
13 observation_start_time_mjd numeric MJD 観測開始日時(MDJ) TIME float8.9f mjd
14 observation_start_time timestamp without time zone UTC 観測開始日時(UTC) digest / full utc
15 observation_end_time_mjd numeric MJD 観測終了日時(MDJ) STOP_TIME float8.9f mjd
16 observation_end_time timestamp without time zone UTC 観測終了日時(UTC) digest / full utc
17 exposure double precision ks 全有効観測時間 (秒)。SXSのcleanrd event fileから算出 digest / full EXPOSURE float8.5f s
18 sxi_1st_mode_exposure double precision SXI WINDOW1(normal full window)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO float8.5f s
19 sxi_2nd_mode_exposure double precision SXI WINDOW1 BURST2(full window 0.1 sec burst)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1BURST2モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO2 float8.5f s
20 hxi1_exposure double precision ks HXI1の有効天体観測時間 (秒)
HXI1 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI1_EXPO float8.5f s
21 hxi2_exposure double precision ks HXI2の有効天体観測時間 (秒)
HXI2 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI2_EXPO float8.5f s
22 sgd1_exposure double precision ks SGD1の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD1_EXPO float8.5f s
23 sgd2_exposure double precision ks SGD2の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD2_EXPO float8.5f s
24 is_sxs_on character varying(1) SXS がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXSIFONFOV char1
25 is_sxs_fovin character varying(1) 天体がSXSの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
26 is_sxi_on character varying(1) SXI がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXIIFONFOV char1
27 is_sxi_fovin character varying(1) 天体がSXIの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
28 is_hxi1_on character varying(1) HXI1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI1IFONFOV char1
29 is_hxi1_fovin character varying(1) 天体がHXI1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
30 is_hxi2_on character varying(1) HXI2 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI2IFONFOV char1
31 is_hxi2_fovin character varying(1) 天体がHXI2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
32 is_sgd1_on character varying(1) SGD1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD1IFONFOV char1
33 is_sgd1_fovin character varying(1) 天体がSGD1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
34 is_sgd2_on character varying(1) SGD2 がONかどうか。[Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD2IFONFOV char1
35 is_sgd2_fovin character varying(1) 天体がSGD2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
36 sxs_datamode character varying(10) SXSのデータモード。
PX_MIDRES, PX_BASELINE, PX_NORMAL が用意されていたようであるが、値は全てPX_NORMAL
full SXS_DATAMODE char10
37 is_sxs_adr_cycle character varying(1) 観測中にSXSの断熱消磁冷凍機(ADR)サイクルが起きたか [Y または N] full SXS_ADR char1
38 is_sxs_filter_fe55 character varying(1) SXSが鉄55放射線源フィルターを用いたか [Y または N] full SXS_FIL_FE55 char1
39 is_sxs_filter_open character varying(1) SXSがオープン(フィルターなし)を用いたか [Y または N] full SXS_FIL_OPEN char1
40 sxs_threshould_setting_code character varying(5) SXSのしきい値設定のコード [A75A または A120A] full SXS_THR char5
41 sxs_code character varying(5) SXSデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)。
A:SXSサイエンスデータの有無 [1=SXS pixel dataのみ、2=SXS antico dataのみ、3=pixel, antico両方]
B:SXS lost GTIsの有無。
C:SXI HKデータの有無 [1=SXS HK1のみ、2=SXS HK2のみ、3=HK1, 2両方]
D:pixel arrayに関する診断データの有無 [1=noise data、2=pulse data、3=wfrb、4=全て、5=noiseとwfrb、6=noiseとpulse、7=wfrbとpulse]
E:antico arrayに関する診断データの有無 [1=noise data、2=wfrb、3=両方]
full SXSCODE char5
42 gen_code character varying(5) 補助データの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:高度データの有無
B:軌道データの有無
C:HKデータの有無 [1=HK1のみ、2=HK2のみ、3=両方]
D:時刻ファイルの有無
E:使われていない。値は0。
full GENCODE char5
43 processing_end_time_mjd numeric MJD データ処理された日付(MJD) PROCESSING_DATE float8.4f mjd
44 processing_end_time timestamp without time zone UTC データ処理された日付(UTC) digest / full utc
45 public_date_mjd numeric MJD 一般公開された日付(MJD) PUBLIC_DATE int4 mjd
46 public_date timestamp without time zone UTC 一般公開された日付(UTC) full utc
47 distribute_start_date_mjd numeric MJD 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(MJD) DISTRIBUTION_DATE float8.4f mjd
48 distribute_start_date timestamp without time zone UTC 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(UTC) full utc
49 processing_version character varying(15) データ処理スクリプトのバージョン full PROCESSING_VERSION char15
50 caldb_version character varying(60) パイプラインプロセスで使用したCALDBのバージョン。バージョンはgenYYYYMMDD_hxiYYYMMDD_sgdYYYMMDD_sxiYYYYMMDD_sxsYYYYMMDDでエンコードされている。日付はCALDBインデックスが作成された日時に対応している。 full CALDB_VERSION char60
51 processing_software character varying(45) パイプラインで用いたソフトウェアのバージョン full SOFTWARE_VERSION char45
52 proposal_abstract character varying(102) 観測目的 full ABSTRACT char102
53 proposal_category character varying(20) 観測カテゴリー。以下に分類される:
[ポインティング観測でない; キャリブレーション; 銀河系点源; 銀河系拡散放射; 系外コンパクト天体; 系外拡散放射; ガンマ線バースト、突発天体]
full SUBJECT_CATEGORY char20
54 proposal_category_code smallint 観測カテゴリーコード。
[0=ポインティング観測でない; 1=キャリブレーション; 4=銀河系点源; 5=銀河系拡散放射; 7=系外コンパクト天体; 8=系外拡散放射; 9=ガンマ線バースト、突発天体]
full CATEGORY_CODE int2
55 pi_name character varying(20) 観測提案代表者の名前 digest / full PI_LNAME char30
PI_FNAME char30
56 proposal_affiliated_country character varying(5) 観測提案代表者の国または協同体 full COUNTRY char5
57 proposal_title character varying(61) 観測提案のタイトル full TITLE char61
58 ql_access_url character varying(255) 観測情報ページへのURL digest / full
59 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルにアクセスできるURL digest / full
60 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできるURL digest / full
61 corner1_ra double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤経 full
62 corner1_dec double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤緯 full
63 corner2_ra double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤経 full
64 corner2_dec double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤緯 full
65 corner3_ra double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤経 full
66 corner3_dec double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤緯 full
67 corner4_ra double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤経 full
68 corner4_dec double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤緯 full
69 corner5_ra double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 2000年分点の赤経 full
70 corner5_dec double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 2000年分点の赤緯 full
71 corner6_ra double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 2000年分点の赤経 full
72 corner6_dec double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 2000年分点の赤緯 full
73 corner1_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤経 full
74 corner1_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤緯 full
75 corner2_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤経 full
76 corner2_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤緯 full
77 corner3_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤経 full
78 corner3_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤緯 full
79 corner4_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤経 full
80 corner4_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤緯 full
81 corner5_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 1950年分点の赤経 full
82 corner5_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 1950年分点の赤経 full
83 corner6_ra_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 1950年分点の赤経 full
84 corner6_dec_b1950 double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 1950年分点の赤経 full
85 corner1_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 黄経 full
86 corner1_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 黄緯 full
87 corner2_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 黄経 full
88 corner2_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 黄緯 full
89 corner3_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 黄経 full
90 corner3_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 黄緯 full
91 corner4_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 黄経 full
92 corner4_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 黄緯 full
93 corner5_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 黄経 full
94 corner5_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 黄緯 full
95 corner6_ecliptic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 黄経 full
96 corner6_ecliptic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 黄緯 full
97 corner1_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 銀経 full
98 corner1_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点1の座標 / 銀緯 full
99 corner2_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 銀経 full
100 corner2_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点2の座標 / 銀緯 full
101 corner3_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 銀経 full
102 corner3_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点3の座標 / 銀緯 full
103 corner4_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 銀経 full
104 corner4_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点4の座標 / 銀緯 full
105 corner5_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 銀経 full
106 corner5_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点5の座標 / 銀緯 full
107 corner6_galactic_lon double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 銀経 full
108 corner6_galactic_lat double precision SXS観測視野領域の頂点6の座標 / 銀緯 full

このページの先頭へ ⏏

hitomi_sxi_data_1

SXIの視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. カラム名 データ型 単位 説明 Output NASA's HITOMASTER カラム名 NASA's HITOMASTER データ型 NASA's HITOMASTER 単位
1 observation_id character varying(11) 一意な観測番号/シーケンスナンバー。9桁の数字 digest / full OBSID char11
2 detector_name character varying(5) 観測機器の名称 digest / full
3 target_name character varying(50) 観測ターゲットの名称 digest / full NAME char50
4 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
digest (*) / full RA float8.5f degree
5 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
DEC float8.5f degree
6 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
7 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
8 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
9 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
10 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
LII float8.5f degree
11 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
BII float8.5f degree
12 roll_angle double precision degree ロール角 digest / full ROLL_ANGLE float8.5f degree
13 observation_start_time_mjd numeric MJD 観測開始日時(MDJ) TIME float8.9f mjd
14 observation_start_time timestamp without time zone UTC 観測開始日時(UTC) digest / full utc
15 observation_end_time_mjd numeric MJD 観測終了日時(MDJ) STOP_TIME float8.9f mjd
16 observation_end_time timestamp without time zone UTC 観測終了日時(UTC) digest / full utc
17 exposure double precision ks 全有効観測時間 (秒)。SXSのcleanrd event fileから算出 digest / full EXPOSURE float8.5f s
18 sxi_1st_mode_exposure double precision SXI WINDOW1(normal full window)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO float8.5f s
19 sxi_2nd_mode_exposure double precision SXI WINDOW1 BURST2(full window 0.1 sec burst)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1BURST2モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO2 float8.5f s
20 hxi1_exposure double precision ks HXI1の有効天体観測時間 (秒)
HXI1 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI1_EXPO float8.5f s
21 hxi2_exposure double precision ks HXI2の有効天体観測時間 (秒)
HXI2 cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI2_EXPO float8.5f s
22 sgd1_exposure double precision ks SGD1の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD1_EXPO float8.5f s
23 sgd2_exposure double precision ks SGD2の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD2_EXPO float8.5f s
24 is_sxs_on character varying(1) SXS がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXSIFONFOV char1
25 is_sxs_fovin character varying(1) 天体がSXSの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
26 is_sxi_on character varying(1) SXI がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXIIFONFOV char1
27 is_sxi_fovin character varying(1) 天体がSXIの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
28 is_hxi1_on character varying(1) HXI1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI1IFONFOV char1
29 is_hxi1_fovin character varying(1) 天体がHXI1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
30 is_hxi2_on character varying(1) HXI2 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI2IFONFOV char1
31 is_hxi2_fovin character varying(1) 天体がHXI2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
32 is_sgd1_on character varying(1) SGD1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD1IFONFOV char1
33 is_sgd1_fovin character varying(1) 天体がSGD1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
34 is_sgd2_on character varying(1) SGD2 がONかどうか。[Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD2IFONFOV char1
35 is_sgd2_fovin character varying(1) 天体がSGD2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
36 sxi_1st_datamode character varying(15) SXIファーストデータモード。WINDOW1のみ full SXI_DATAMODE1 char15
37 sxi_1st_dataclass_threshold character varying(64) SXIファーストデータモードのデータクラス/しきい値。
AAAAAAAA-BBBB a BBBB [h]で表される。
<AAAAAAAA部>
1桁目:常に1
2桁目:使われていたCCD [0=全て, 1=CCD1とCCD2, 2=CCD2とCCD3]
3桁目:データモード [0=window1(full mode), 1=window2(1/8 window), 2=window1burst(full + burst), 3=window2burst(1/8 + burst)]
4-7桁目:データクラス
8桁目:area discriminatorのon/off [0=off, 1=on]
<BBBB部>
イベントしきい値。aim pointが他のCCDセグメントと比較して異なるthresholdを有する場合は a BBBBとなる。[h]:CCDの半分がオン。
full SXI_DCLASS1_THR char64
38 sxi_2nd_datamode character varying(15) SXIセカンドデータモード。WINDOW1 BURST2のみ full SXI_DATAMODE2 char15
39 sxi_2nd_dataclass_threshold character varying(72) SXIセカンドデータモードのデータクラス/しきい値。
AAAAAAAA-BBBB a BBBB [h]で表される。
<AAAAAAAA部>
1桁目:常に1
2桁目:使われていたCCD [0=全て, 1=CCD1とCCD2, 2=CCD2とCCD3]
3桁目:データモード [0=window1(full mode), 1=window2(1/8 window), 2=window1burst(full + burst), 3=window2burst(1/8 + burst)]
4-7桁目:データクラス
8桁目:area discriminatorのon/off [0=off, 1=on]
<BBBB部>
イベントしきい値。aim pointが他のCCDセグメントと比較して異なるthresholdを有する場合は a BBBBとなる。[h]:CCDの半分がオン。
full SXI_DCLASS2_THR char72
40 sxi_code character varying(5) SXIデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)で表される。
A:SXIサイエンスデータの有無
B:exposureの有無
C:SXI HKデータの有無
D:ホットピクセルテーブルの有無
E:使われていない。値は0。
full SXICODE char5
41 gen_code character varying(5) 補助データの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:高度データの有無
B:軌道データの有無
C:HKデータの有無 [1=HK1のみ、2=HK2のみ、3=両方]
D:時刻ファイルの有無
E:使われていない。値は0。
full GENCODE char5
42 processing_end_time_mjd numeric MJD データ処理された日付(MJD) PROCESSING_DATE float8.4f mjd
43 processing_end_time timestamp without time zone UTC データ処理された日付(UTC) digest / full utc
44 public_date_mjd numeric MJD 一般公開された日付(MJD) PUBLIC_DATE int4 mjd
45 public_date timestamp without time zone UTC 一般公開された日付(UTC) full utc
46 distribute_start_date_mjd numeric MJD 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(MJD) DISTRIBUTION_DATE float8.4f mjd
78 distribute_start_date timestamp without time zone UTC 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(UTC) full utc
48 processing_version character varying(15) データ処理スクリプトのバージョン full PROCESSING_VERSION char15
49 caldb_version character varying(60) パイプラインプロセスで使用したCALDBのバージョン。バージョンはgenYYYYMMDD_hxiYYYMMDD_sgdYYYMMDD_sxiYYYYMMDD_sxsYYYYMMDDでエンコードされている。日付はCALDBインデックスが作成された日時に対応している。 full CALDB_VERSION char60
50 processing_software character varying(45) パイプラインで用いたソフトウェアのバージョン full SOFTWARE_VERSION char45
51 proposal_abstract character varying(102) 観測目的 full ABSTRACT char102
52 proposal_category character varying(20) 観測カテゴリー。以下に分類される:
[ポインティング観測でない; キャリブレーション; 銀河系点源; 銀河系拡散放射; 系外コンパクト天体; 系外拡散放射; ガンマ線バースト、突発天体]
full SUBJECT_CATEGORY char20
53 proposal_category_code smallint 観測カテゴリーコード。
[0=ポインティング観測でない; 1=キャリブレーション; 4=銀河系点源; 5=銀河系拡散放射; 7=系外コンパクト天体; 8=系外拡散放射; 9=ガンマ線バースト、突発天体]
full CATEGORY_CODE int2
54 pi_name character varying(20) 観測提案代表者の名前 digest / full PI_LNAME char30
PI_FNAME char30
55 proposal_affiliated_country character varying(5) 観測提案代表者の国または協同体 full COUNTRY char5
56 proposal_title character varying(61) 観測提案のタイトル full TITLE char61
57 ql_access_url character varying(255) 観測情報ページへのURL digest / full
58 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルにアクセスできるURL digest / full
59 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできるURL digest / full
60 corner1_ra double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤経 full
61 corner1_dec double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤緯 full
62 corner2_ra double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤経 full
63 corner2_dec double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤緯 full
64 corner3_ra double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤経 full
65 corner3_dec double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤緯 full
66 corner4_ra double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤経 full
67 corner4_dec double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤緯 full
68 corner1_ra_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤経 full
69 corner1_dec_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤緯 full
70 corner2_ra_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤経 full
71 corner2_dec_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤緯 full
72 corner3_ra_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤経 full
73 corner3_dec_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤緯 full
74 corner4_ra_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤経 full
75 corner4_dec_b1950 double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤緯 full
76 corner1_ecliptic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 黄経 full
77 corner1_ecliptic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 黄緯 full
78 corner2_ecliptic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 黄経 full
79 corner2_ecliptic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 黄緯 full
80 corner3_ecliptic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 黄経 full
81 corner3_ecliptic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 黄緯 full
82 corner4_ecliptic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 黄経 full
83 corner4_ecliptic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 黄緯 full
84 corner1_galactic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 銀経 full
85 corner1_galactic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点1の座標 / 銀緯 full
86 corner2_galactic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 銀経 full
87 corner2_galactic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点2の座標 / 銀緯 full
88 corner3_galactic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 銀経 full
89 corner3_galactic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点3の座標 / 銀緯 full
90 corner4_galactic_lon double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 銀経 full
91 corner4_galactic_lat double precision SXI観測視野領域の頂点4の座標 / 銀緯 full

このページの先頭へ ⏏

hitomi_hxi_data_1

HXIの視野情報を含む観測情報およびデータへのパス。

  • Basic Search の検索結果として出力されるデータ項目は、 "Display" における選択 ("digest" または "full") により変えられます。
  • Basic Search の "Display" において "digest" を選択した場合、 (*) が表示されている座標データ項目群は、 "Coordinate" において指定した座標系の項目が表示されます。
    "Target Name" を指定して検索した場合には 2000年分点の赤道座標系が使用されます。
  • SQL Search, ADQL Search においては、Basic Search にて「出力なし」のデータ項目も含め 全てのテータ項目の使用や出力が可能です。
No. カラム名 データ型 単位 説明 Output NASA's HITOMASTER カラム名 NASA's HITOMASTER データ型 NASA's HITOMASTER 単位
1 observation_id character varying(11) 一意な観測番号/シーケンスナンバー。9桁の数字 digest / full OBSID char11
2 detector_name character varying(5) 観測機器の名称 digest / full
3 target_name character varying(50) 観測ターゲットの名称 digest / full NAME char50
4 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
digest (*) / full RA float8.5f degree
5 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
DEC float8.5f degree
6 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
7 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
8 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
9 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
float8.5f degree
10 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
LII float8.5f degree
11 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
この値は観測ターゲットの位置とは異なることがあります。
BII float8.5f degree
12 roll_angle double precision degree ロール角 digest / full ROLL_ANGLE float8.5f degree
13 observation_start_time_mjd numeric MJD 観測開始日時(MDJ) TIME float8.9f mjd
14 observation_start_time timestamp without time zone UTC 観測開始日時(UTC) digest / full utc
15 observation_end_time_mjd numeric MJD 観測終了日時(MDJ) STOP_TIME float8.9f mjd
16 observation_end_time timestamp without time zone UTC 観測終了日時(UTC) digest / full utc
17 exposure double precision ks 全有効観測時間 (秒)。SXSのcleanrd event fileから算出 digest / full EXPOSURE float8.5f s
18 sxi_1st_mode_exposure double precision SXI WINDOW1(normal full window)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO float8.5f s
19 sxi_2nd_mode_exposure double precision SXI WINDOW1 BURST2(full window 0.1 sec burst)モードでの有効天体観測時間 (秒)
SXI WINDOW1BURST2モードのcleanrd event のGTIから算出。
digest / full SXI_EXPO2 float8.5f s
20 hxi_exposure double precision ks HXIの有効天体観測時間 (秒)
HXI cleanrd event のGTIから算出。
digest / full HXI1_EXPO まはた HXI2_EXPO float8.5f s
21 sgd1_exposure double precision ks SGD1の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD1_EXPO float8.5f s
22 sgd2_exposure double precision ks SGD2の有効天体観測時間 (秒)
3つからなるコンプトンカメラ(CC)のそれぞれの観測時間(cleanrd event のGTI)の合計を稼働していたCCの数で割って算出。
digest / full SGD2_EXPO float8.5f s
23 is_sxs_on character varying(1) SXS がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXSIFONFOV char1
24 is_sxs_fovin character varying(1) 天体がSXSの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
25 is_sxi_on character varying(1) SXI がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SXIIFONFOV char1
26 is_sxi_fovin character varying(1) 天体がSXIの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
27 is_hxi_on character varying(1) HXI がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full HXI1IFONFOV または HXI2IFONFOV char1
28 is_hxi_fovin character varying(1) 天体がHXIの視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
29 is_sgd1_on character varying(1) SGD1 がONかどうか [Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD1IFONFOV char1
30 is_sgd1_fovin character varying(1) 天体がSGD1の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
31 is_sgd2_on character varying(1) SGD2 がONかどうか。[Y=オン、N=オフ、W=待機モード] full SGD2IFONFOV char1
32 is_sgd2_fovin character varying(1) 天体がSGD2の視野内かどうか
[Y=視野内、N=視野外、P=一部が視野内、I=バックグラウンド観測用、D=SXIの視野内にあるがaim point(目標位置)でなく、他の検出器では見えない]
digest / full char1
33 hxi_datamode character varying(15) HXIデータモード。
CAMERA_NORMAL1, CAMERA_NORMAL2, STANDBYの3種類
full HXI1_DATAMODE または HXI2_DATAMODE char15
34 hxi_code character varying(5) HXIデータの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:HXIサイエンスデータの有無 [1=HXI1のみ、2=HXI2のみ、3=HXI1,2両方]
B:CAMSデータの有無 [1=CAMS1のみ、2=CAMS2のみ、3=CAMS1,2両方、4=シミュレーションデータ]
C:HXI HKデータの有無 [1=HXI1のみ、2はHXI2のみ、3はHXI1,2両方]
D,E:使われていない。値は0。
full HXICODE char5
35 gen_code character varying(5) 補助データの種類を識別するコード。5桁の数字(ABCDE)
A:高度データの有無
B:軌道データの有無
C:HKデータの有無 [1=HK1のみ、2=HK2のみ、3=両方]
D:時刻ファイルの有無
E:使われていない。値は0。
full GENCODE char5
36 processing_end_time_mjd numeric MJD データ処理された日付(MJD) PROCESSING_DATE float8.4f mjd
37 processing_end_time timestamp without time zone UTC データ処理された日付(UTC) digest / full utc
38 public_date_mjd numeric MJD 一般公開された日付(MJD) PUBLIC_DATE int4 mjd
39 public_date timestamp without time zone UTC 一般公開された日付(UTC) full utc
40 distribute_start_date_mjd numeric MJD 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(MJD) DISTRIBUTION_DATE float8.4f mjd
41 distribute_start_date timestamp without time zone UTC 一番最初にデータが処理されSWGに配布された日付(UTC) full utc
42 processing_version character varying(15) データ処理スクリプトのバージョン full PROCESSING_VERSION char15
43 caldb_version character varying(60) パイプラインプロセスで使用したCALDBのバージョン。バージョンはgenYYYYMMDD_hxiYYYMMDD_sgdYYYMMDD_sxiYYYYMMDD_sxsYYYYMMDDでエンコードされている。日付はCALDBインデックスが作成された日時に対応している。 full CALDB_VERSION char60
44 processing_software character varying(45) パイプラインで用いたソフトウェアのバージョン full SOFTWARE_VERSION char45
45 proposal_abstract character varying(102) 観測目的 full ABSTRACT char102
46 proposal_category character varying(20) 観測カテゴリー。以下に分類される:
[ポインティング観測でない; キャリブレーション; 銀河系点源; 銀河系拡散放射; 系外コンパクト天体; 系外拡散放射; ガンマ線バースト、突発天体]
full SUBJECT_CATEGORY char20
47 proposal_category_code smallint 観測カテゴリーコード。
[0=ポインティング観測でない; 1=キャリブレーション; 4=銀河系点源; 5=銀河系拡散放射; 7=系外コンパクト天体; 8=系外拡散放射; 9=ガンマ線バースト、突発天体]
full CATEGORY_CODE int2
48 pi_name character varying(20) 観測提案代表者の名前 digest / full PI_LNAME char30
PI_FNAME char30
49 proposal_affiliated_country character varying(5) 観測提案代表者の国または協同体 full COUNTRY char5
50 proposal_title character varying(61) 観測提案のタイトル full TITLE char61
51 ql_access_url character varying(255) 観測情報ページへのURL digest / full
52 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルにアクセスできるURL digest / full
53 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできるURL digest / full
54 corner1_ra double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤経 full
55 corner1_dec double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 2000年分点の赤緯 full
56 corner2_ra double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤経 full
57 corner2_dec double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 2000年分点の赤緯 full
58 corner3_ra double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤経 full
59 corner3_dec double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 2000年分点の赤緯 full
60 corner4_ra double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤経 full
61 corner4_dec double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 2000年分点の赤緯 full
62 corner1_ra_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤経 full
63 corner1_dec_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 1950年分点の赤経 full
64 corner2_ra_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤経 full
65 corner2_dec_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 1950年分点の赤緯 full
66 corner3_ra_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤経 full
67 corner3_dec_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 1950年分点の赤緯 full
68 corner4_ra_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤経 full
69 corner4_dec_b1950 double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 1950年分点の赤経 full
70 corner1_ecliptic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 黄経 full
71 corner1_ecliptic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 黄緯 full
72 corner2_ecliptic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 黄経 full
73 corner2_ecliptic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 黄緯 full
74 corner3_ecliptic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 黄経 full
75 corner3_ecliptic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 黄緯 full
76 corner4_ecliptic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 黄経 full
77 corner4_ecliptic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 黄緯 full
78 corner1_galactic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 銀経 full
79 corner1_galactic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点1の座標 / 銀緯 full
80 corner2_galactic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 銀経 full
81 corner2_galactic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点2の座標 / 銀緯 full
82 corner3_galactic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 銀経 full
83 corner3_galactic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点3の座標 / 銀緯 full
84 corner4_galactic_lon double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 銀経 full
85 corner4_galactic_lat double precision HXI観測視野領域の頂点4の座標 / 銀緯 full

このページの先頭へ ⏏

Last Modified: 14 January 2020