English

UDON2 ヘルプページ


UDON2とは?

UDON2 (Universe via Darts ON-line) は DARTS (Data Archives and Transmission System) 上にある科学衛星の観測データを Internet ( HTTP ) を介して解析するためのシステムです。 UDON2 を利用すれば DARTS 上にあるX線天文衛星の観測データをダウンロードしなくても ブラウザから科学衛星の観測データを簡易解析することができます。

Energy Boundaries にしたがって DARTS 上にある観測データ(イベントファイル)から画像データを抽出し、擬似カラー画像を表示します。画像上でインターアクティブに領域を指定し、 エネルギースペクトルとスペクトルを抽出して表示します。抽出したエネルギースペクトル、スペクトル、抽出に利用したスクリプトをダウンロードすることもできます。

擬似カラー画像作成・表示の仕組み
structure

擬似カラー画像

このシステムでは、擬似カラー画像を表示し、対話的に領域を定義しその領域のライトカーブやスペクトルを作成します。

操作方法
擬似カラー画像の Zoom方法
右上の小画面内でマウスをドラッグし矩形を描画します。その範囲が、擬似カラー画像としてメイン画面に拡大表示されます。

定義したエリアをリセットする方法
リセットボタンをクリックしてください。

shape

領域指定とライトカーブ・スペクトルの作成

操作方法
マウスを使って、イベントを抽出してスペクトルとライトカーブを作成する円形領域を指定してください。

定義したエリアをリセットする方法
リセットボタンをクリックしてください。

ライトカーブとスペクトルの作成方法
"Submit" ボタンをクリックしてください。

shape

画像データ抽出処理がエラー終了した場合は画像が表示されません。



JUDO2からUDON2を表示する方法

JUDO2の説明はこちら

JUDO2の右上の、"udon2"ボタンをクリックし、ポップアップ表示される"UDON2 Jump List"から、衛星と観測番号を選びます。

JUDO2 から
JUDO2
UDON2 Jump Listの Satellite がHitomi, SUZAKU, ASCA の観測番号を選択します。
down arrow  UDON2画面へ
画像作成画面