English

DARTS (Data ARchives and Transmission System)は、天文学、太陽物理学、太陽地球系物理学、月惑星科学、微小重力科学等の多分野にわたる宇宙科学のデータアーカイブです。 DARTSについては、About DARTS をお読みください。


お知らせ

サービス停止 情報

(21 Aug. 2017) サービスメンテナンスの為、以下期間にてサービスが利用不可となります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
2017-8-29 10:00 -- 13:00 (JST)

過去のお知らせ


最近のトピックス

「さきがけ」磁場観測データの公開

宇宙科学研究所(ISAS)では、継続的に、過去のISASミッションが取得し、大学等に保管されているデータの集約・整備・公開を進めています。 この度、ハレー彗星探査機「さきがけ」による 惑星間空間磁場観測データ および軌道データ を公開しました。 「さきがけ」は、1986年に地球に最接近したハレー彗星を探査するために、1985年に打ち上げられた我が国初の「人工惑星」です。 工学試験探査衛星という位置づけながら、半年後に打ち上げられた双子の探査機「すいせい」と科学計測機器を分担して搭載し、 太陽風イオン観測器(SOW)、プラズマ波観測器(PWP)、惑星間空間磁場観測器(IMF)の3つの機器で 我が国初の太陽風観測を行い、さらにハレー彗星が氷の塊であることを解明しました。 ハレー彗星の探査ミッション終了後もすべての機器が良好な状態を保ち、 1991年には地球磁気圏への再突入及び地球フライバイを行って再び惑星間空間へ旅立ち、 14年にわたって惑星空間の観測を行いました。東北工業大学との共同研究によって、大学で保管されていた貴重なデータを、DARTSに集約して公開することができました。 (2017年8月)


「おおぞら (EXOS-C)」「じきけん (EXOS-B)」プラズマ波動・サウンダー・電子密度データの公開

最近の科学衛星では、観測データをアーカイブ化・公開することが標準的になり、学術雑誌に成果出版する際には、検証可能なデータの所在明示を求められることが多くなりました。一方、過去の科学衛星においては、データのアーカイブ化が行われないままプロジェクトが解散し、せっかく研究に使えるように整備されたデータが、機器開発・運用を担当した研究室の磁気テープ・ストレージ等に死蔵されている例が少なくありません。そこで、宇宙科学研究所(ISAS)では、過去のISASミッションが取得し、大学等に保管されているデータの集約・整備・公開を進めています。 1976年に打ち上げられた「じきけん」、1984年に打ち上げられた「おおぞら」のプラズマ波動・サウンダー・電子密度データも、長らくそうした死蔵データの1つでしたが、東北大学との共同研究によって、Common Data Format (CDF)形式への変換、DARTSへの登録が行われました。それによって、これらのデータはDARTS/Ohzora, DARTS/Jikikenから公開され、AutoplotSPEDASを用いて右のようなプロット(「おおぞら」サウンダーで観測された上部電離圏からのエコー)を作成することができるようになりました。 (2017年5月)


過去のトピックス

最終更新日: 2017年09月08日