JAVA Plug-in インストール ヘルプ


(JAVA実行環境のインストール)



本システムでは一部のコンテンツをご覧いただくに当たって、パソコンに Java 実行環境
(JRE 1.4.1 以降) とJava 3D (1.3.1 以降) をインストールする必要があります。
Java実行環境 (JRE) をインストールした後に Java 3D をインストールしてください。

Java実行環境 (JRE) 1.4.1 以降、Java 3D 1.3.1 以降であれば動作します。
最新版をインストールすることをお勧めします。

  1. Java実行環境(JRE)のインストール

    1. Javaホームページへ移動します。
      このページのダウンロードボタンををクリックしてください。

    2. 画面の指示に従いインストールを実施してください。
      このページでは現状インストールしてある Java 実行環境を調査してくれます。
      既にインストールされていれば何もインストールせずに最新版がインストール
      されている旨のメッセージが出力されます。



  2. Java 3D のインストール

    1. Java 3Dダウンロードページへ移動し、Java 3D をダウンロードします。

      Google や Yahoo! などから "java3d download" で検索してもダウンロードページにアクセスできます。

    2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして Java 3D のインストールを行ってください。

    3. インストール後、環境変数classpathを追加してください。

      [コントロールパネル]→[システム]→[システムの詳細設定]→[環境変数]

      1. 「新規」をクリックします。


      2. 変数名、変数値を設定します。
            変数名: classpath
            変数値: [Java 3Dインストールパス]\version\lib\ext




【推奨ハードウェア環境】

Javaを使うコンテンツは、ご利用になるパソコンの性能によって起動に時間がかかったり、
動作が遅い場合があります。推奨環境として以下をお勧めします。


【正しく動作しない場合は】