English

今月のDARTS

カラフルなペア: すざくが観測したパルサーとパルサー風星雲

PSR1509-58 PSR1509-58 Profile

すざくは日本の5番目のX線天文衛星で、2005年7月10日に打ち上げられました。すざく DARTSはすざく衛星のすべての科学データ、ハウスキーピングデータをアーカイブス化しつつあります。

PSR1509-58はX線と電波を放射しているパルサーで、2005年8月23日から24日にかけて観測されました (シークエンス番号は100009010)。このデータは、他のいくつかの観測と一緒に、すでに一般公開されています。

左側の擬似カラーイメージは、中心のパルサーPSR 1509-58と、右上のパルサー風星雲(パルサーからの強い「風」で加速されている)を表しています。色はX線のエネルギーを表していて、赤、緑、青の三原色それぞれが、低エネルギー (0.2-2 keV)、中間エネルギー (2-4 keV)、高エネルギー (4-10 keV) X線に対応しています。このカラーイメージはDARTSの新サービスUDON (Universe via DARTS ON-line)で作成しました。パルサー風星雲は赤色で表示されていて、中心のパルサーよりも低温でソフトなX線エネルギースペクトルを持っている事を表しています。硬エネルギー検出装置 HXD-PIN のデータを使うと、中心のパルサーが151.35328ミリ秒の周期で回転している事が分かります (右側のパルス周期で折りたたんだライトカーブ参照)。

2007年3月

最終更新日: 2018年06月13日