English

今月のDARTS

CEF/THEMIS

「THEMIS」データミラーサイト公開

「THEMIS (Time History of Events and Macroscale Interactions During Substorms、テミス)」は、 その名前が示すように、激しく発達するオーロラと密接な関係がある磁気圏サブストームの発生機構の解明を主目的にしたミッションです。 2007年2月にアメリカで打ち上げられた5機の磁気圏観測衛星と、 カナダ・アラスカに多数設置された磁力計とオーロラ全天カメラによる地上観測網から構成されています。

DARTSでは、今年の夏に、 THEMIS衛星・地上データのミラーサイトを公開しました。 衛星と地磁気の全データとオーロラカメラのサマリーデータをミラーしています。

また、宇宙科学研究本部では、今も磁気圏を観測し続けている「ジオテイル」衛星の運用をしています。 「THEMIS」と「ジオテイル」の双方のデータを利用した研究を進めていけるように、DARTSでは、 確定・予測軌道のプロットQLデータのプロットConjunction Event Finderを作成し、 データを参照しやすくしています。

宮下幸長 (宇宙科学研究本部)

2008年9月

最終更新日: 2018年06月13日