English

今月のDARTS

CEF/Orbit

宇宙プラズマ観測衛星の軌道

今月は、DARTS/STPから、「衛星の軌道と地上観測情報の2次元プロット」を紹介します。 DARTS/STPのページにあります、「Conjunction Event Finder (CEF)」の下の 「衛星軌道と地上観測情報」をクリックすると、 その日の衛星の軌道とレーダーとカメラによる地上観測の情報を示した図を表示することができます。 現在は、Geotail、Cluster、Double Star、THEMIS、Reimei、FAST衛星の軌道を見ることができます。 また、過去の情報も、調べることができます。 これらの観測によって、太陽と地球磁場が織りなす地球周辺でのプラズマの様子がモニターされています。 ところで、Geotailは、 1992年に打ち上げられ、今でも地球の磁気圏を観測し続けている衛星ですが、 日本語では「磁尾停留」(じおている)とも書ける ことをご存知でした? 

細川敬祐 (電気通信大学)
宮下幸長 (名古屋大学 太陽地球環境研究所)

2010年11月

最終更新日: 2018年06月13日