English

Welcome to DARTS/SEDA-AP


SEDA-APについて

宇宙環境計測ミッション装置(Space Environment Data Acquisition - Attached Payload; SEDA-AP)は、 国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟の船外実験プラットフォームにおいて、放射線やプラズマ環境をはじめとした宇宙での様々な環境を計測する8種の計測装置を搭載した観測実験装置です。
SEDA-APは、2009年9月から運用が開始され、2018年3月に運用を終了しました。

SEDA-AP論文リスト

  • Obara, T., K Koga, Y Kimoto, H Matsumoto, S Sasaki ,N Yamada, S Muraki, T Doke et al., Space Environment Data Acquisition with KIBO Exposed Facility on the International Space Station (ISS), Data Science Journal, Vol.8, 74-84, 2010
  • Koga, K., H. Matsumoto, Y. Kimoto, N. Yamada, T. Obara, H. Watanabe, M. Endo, D. Sakoh, T. Matsueda, Space Environment Data Acquisition Equipment - Attached Payload(SEDA-AP) on the ISS -"Kibo" Exposed Facilty,The Institute of Electronics Information and Communication Engineers, SANE2010-23, 2010
  • Last Modified: 05 August 2020