English

DARTS (Data ARchives and Transmission System)は、天文学、太陽物理学、太陽地球系物理学、月惑星科学、微小重力科学等の多分野にわたる宇宙科学のデータアーカイブです。 DARTSについては、About DARTS をお読みください。


お知らせ

サービス停止 情報

(22 Feb. 2018) メンテナンス作業の為、Webサービスが5〜6分程度停止します。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
2018-2-26 10:00 -- 10:30 (JST)

過去のお知らせ


最近のトピックス

「ぎんが(ASTRO-C)」全天モニター装置(ASM)のデータの公開

宇宙科学研究所では、最新の衛星データを公開すると共に、すでに運用を終了した過去の衛星データの整備・公開も進めています。1987年に打ち上げられた「ぎんが(ASTRO-C)」衛星には、主観測装置である「大面積比例計数管(Large Area Counter: LAC)」とともに、「全天モニター装置(All Sky Monitor: ASM)」 が搭載されていました。LACは狭い視野で、特定の天体を詳細に観測する装置です。一方、ASMは細長い視野で広い天空を捜引観測して、天空に散らばる多くの天体の強度を定期的にモニターするとともに、X線新星等の突発的に天体が現れていないか調べる装置です。「ぎんが」衛星は、1987年の2月末からおよそ1日に1回の頻度で、LACの観測を中断し、ASMにより約20分かけて広い天空を観測しました。「ぎんが」衛星の運用が終了する1991年秋まで、およそ4.5 年にわたる、100 以上の天体の強度履歴を作ることができました。右上図は、ブラックホール候補星であるGX 339-4 の4年半の明るさの履歴を示したグラフです。およそ4.5年間(1700日間)の間に大変明るくなったり、暗くなったりしていることが記録されています。また、右下の図は1991 年お正月に出現したX線新星の明るさの履歴です。「ぎんが」衛星が、赤経11時24分、赤緯−68.3度に発見した天体という意味でGS1124-683と名付けられています。
ASMのデータは、生データの形で大阪大学・立教大学にて長期間保管されていましたが、今回、宇宙科学研究所と立教大学との 共同研究により、データを標準FITSフォーマットに変換し、公開することができました。 (2018年1月)


あかつき(PLANET-C, VCO)のデータリリース

「あかつき」は2010年5月に打ち上げられ、2015年の12月に金星周回軌道投入に成功しました。 「あかつき」は異なる様々な波長で昼側と夜側の画像を記録し、金星大気のスーパーローテーションを調べています(画像参照)。 「あかつき」によって取得されたデータが、このたびリリースされました。 最初のリリースが2017年7月に、二回目のリリースが2017年12月に行われ、 一般に公開されています。今後は6ヶ月毎に6ヶ月分のデータをリリースしていきます。 それに加えて、より高次処理された、緯度経度に投影されたデータや雲追跡風データなどの高レベルプロダクトも、将来的にリリースする予定です。 (2018年1月)


過去のトピックス

最終更新日: 2018年01月29日