JapaneseEnglish

data

amica nirs lidar
xrs spice shape model
shape model

このページは「はやぶさ」ミッションのターゲットである25143 Itokawaの形状モデルのページです。これらのモデルはAMICA画像処理チームの2つの独立したグループによって作られました。

Gaskellモデル 惑星科学研究員のロバート・ガスケルによって作られました
---
最新バージョンは2007年1月4日制作

このモデルは、multi-image photoclinometryを適用して構築されました。オリジナルデータはテキスト形式で、面と頂点のリストです。3,145,728の面と1,579,014の頂点があります。

オリジナルの形状モデルと、解像度を3段階下げたより小さなモデルは、plate-vertexテーブルフォーマット*、STL ASCIIフォーマット、トライアングルフォーマットで保存されています。

モデルの細部はGaskell et al. (2006), AIAA paper 2006_6660, AAS/AIAA Astrodynamics Specialists Conf., Keystone, CO, Aug, 2006で説明されています。

Gaskell 形状モデル

25143 Itokawa Plate Model, 49,152 facets Text (584 kB) STL (1.2 MB) TRI (472 kB)
25143 Itokawa Plate Model, 196,608 facets Text (2.3 MB) STL (5.4 MB) TRI (1.8 kB)
25143 Itokawa Plate Model, 786,432 facets Text (9.1 MB) STL (20.7 MB) TRI (9.2 kB)
25143 Itokawa Plate Model, 3,145,728 facets Text (35.9 MB) STL (77.4 MB) TRI (34.9 kB)

Gaskell 形状モデルの3次元ムービーはこちら (mov file, 11.4 MB)
赤と青のレンズ(赤が左側)の眼鏡が必要です.

ヒストリー

過去の小惑星Itokawaの形状モデル情報はこちらからご覧になれます

pds

Shape_Modeのデータそのものはほぼ等しいのですが、ディレクトリ内のコンテンツが異なります。 PDSのものには、ラベルファイルや詳細情報などが含まれているため、基本的にはこちらの使用を推奨します。

itokawashape