JapaneseEnglish

data

amica nirs lidar
xrs spice shape model
nirs

このページでは「はやぶさ」のNIRS(近赤外線分光器)で得られたスペクトルデータがご覧になれます。
NIRSは、回折格子を使った赤外線分光器で、内部に入ってきた光はグリズム分光器によって屈折させられて、64チャネルInGaAs(インジウムガリウムヒ化物)フォトダイオードを並べた検出装置で測定されます。暗電流測定の時にはシャッターを閉じることができ、また、検出装置のレスポンスレベルをモニタするためのキャリブレーションランプが2つ搭載されています。

データセットに関して

NIRSのスペクトルデータは、ヘッダとバイナリテーブルを含むFITSフォーマットで記録されています。FITSヘッダの中にはステータスパケットデータと、増分情報がリスト化されています。FITSデータセットは観測の日付ごとにtarballで圧縮されています。

-FITS バイナリテーブルについて -

配列 単位
NAXIS1 - チャネル番号 (1-64)
NAXIS2 - 1: 平均 2: 偏差 3: 最大値 4: 最小値
Level 1 - 電圧
Level 2 - 標準反射率 (単位 I/F)

校正情報

校正手順では、以下のASCIIファイルを使用しています。NIRSからの生データ(電圧)を放射輝度へ変換するのにNIRS_VOL2RAD_PLS.TAB(点光源用)とNIRS_VOL2RAD_ALS.TAB(面光源用)、また、I/Fへの変換にはNIRS_SOLAR_SPC.tabを使っています。これらのファイルをダウンロードするにはこちらをクリックして下さい。

データベース閲覧

データレベルと観測ターゲットを以下のセレクトボックスから選んで、View listボタンをクリックすると、該当するデータが下に表示されます。欲しいデータをチェックしてダウンロードボタンをクリックして下さい。

Data Level: Target:


pds

NIRSのデータは、一部でDARTSとPDSが異なりますが、基本は同じものです。 DARTSのデータはNAXIS2の最大値と最小値の順序が一部異なり、PDSに置かれているデータの方でが正確です。
使用の際に関しましては、ラベルファイルなどが詳細に書かれているため、PDSのものをお勧めします。

nirsraw
nirscal

top